同期会・同窓会ひろば

【訃報】福田政司さん
投稿者:広報委員会(昭和62年卒)
2018年8月11日(土)

旧制海城中学校を昭和19年に卒業された福田政司さんが平成30年8月3日に亡くなられたとのご連絡を湘南海原会からいただきました。
「福田先輩のご遺族からは拝礼、ご焼香、香典等は堅くご辞退頂き、湘南海原会と致しましてもご冥福をお祈り致す事のみでおります」とのことです。

謹んでお悔やみ申し上げます。

【この投稿のURL】
無言館を応援しよう
投稿者:杉山紘千佳(昭和36年卒)
2018年7月29日(日)

昭和35年卒業の窪島誠一郎氏から無言館のSOSの手紙と「無言館をささえよう」基金へのご協力依頼が届いています。
無言館とは窪島氏が中心になって戦没画学生の絵を集めて設立した美術館で、窪島氏が館長を務め、運営維持しています。皆さまのご協力をお願いします。

【この投稿のURL】
昭和53年卒業6年4組クラス会
投稿者:青木毅(昭和53年卒)
2018年7月18日(水)

昭和53年卒業、6年4組(担任:新野先生)クラス会が7月14日(土)に行われました。
今回は卒業40周年ということもあり、イベントとして大きく変貌を遂げた学校見学が行われました。
午後3時に有志9名が学校に集合し、塩田先生、海原会・国井様に学校をご案内いただきました。
教室に完備された電子黒板や、一部学年ではタブレットを使った授業が行われていることなどをお聞きし、8階建ての2号館、人工芝のグランドなど参加者一同、時の流れを痛切に感じると共に、どこの場所でも生徒たちが明るく礼儀正しい挨拶をするなど、とても40年前の先輩悪童からは想像できないくらいの品格「新しい紳士の育成」を感じた次第でした。
その一方で、6年時に使った懐かしい4号館の教室で各自席についての記念撮影、当時と変わらぬ校門横のクスノキの大木など、瞬時に40年前に戻ったような錯覚も持ち、一同当時の思い出に浸る貴重な体験ができました。
我々のクラスは15年ほど前から2年に1回、海城卒業生らしく「海の日」の連休中にクラス会を開催しています。名誉幹事の梶原裕君の努力もあり、来年還暦を迎えますがクラスのほとんどのメンバーが発見・捕捉されています。
今回も場所を、高田馬場に移し京都や静岡からの参加者も含め20名が集まり、旧交を温めました。淵沢君、梶浦君の初参加もあり、また唯根君のハッピーなニュースなど、大いに盛り上がった夜を過ごすことができました。次回幹事を井口君、松田君に託すこととなりました。
参加者は:(学校見学から)石坂、井上、井口、久保、信田、松田、土田、服部、青木 (一次会から)梶原、大澤、淵沢、唯根、田中、鶴田、若狭、滝島、宇野澤、中原、梶浦 (順不同・敬称略)
今後も定年退職などで各人の環境も大きく変わっていくこともあろうかと思いますが、一人でも多くのメンバーが集まる盛大なクラス会が開催できればと考えております。

【この投稿のURL】
日向さんの公演
投稿者:齊藤 亮輔(平成11年卒)
2018年6月26日(火)

 マジックエアリストとして活躍する日向大祐さん(平成9年卒)の公演を見に、去る6月16日(土)夜、上野ストアハウスに行ってきました。
 今回の日向さんの公演は、昨年3月に千歳船橋のAPOCシアターで公演された『POP-piece of paper』「カミヒトエのキセキ。」の再演です。実は、私は初演を見に行っているのですが、昨年3月の話であり、内容をすっかり忘れていました(日向さん、すみません)。しかしながら、公演を見ているうちに、「そうだ、こういう内容だった」と、徐々に思い出してきました。
 日向さんが公演するシアトリカルマジックライブの特徴として、観客と一緒に作り上げていくことがあります。今回の公演でも、観客から好きな映画、漫画及びおとぎ話のタイトルを挙げてもらい、それをシャッフルして新たなタイトルを作成、そのタイトルをもとに即興で新たなストーリーを作り上げることなどを行いました。
 もちろん、マジックも秀逸です。マジックの大会で日本人初の欧州チャンピオンになっただけのことはあります。日向さんのマジックは何回も見ているのに、タネは全く分かりません。
 いずれにしても、マジックあり、即興ストーリーあり約2時間の公演でした。
 私の見た会では公演後、出演者によるトークショーがありました。その中で、昨年の初演と今回の公演における変更点などについてトークが展開されました。
 最後に、日向さんが出演される公演に関する情報です。
 
  ◎コメディ劇団「東京MT」第8回公演「HUMAN CHAOS」
   ○日時:8月3日(金)~5日(日)
   〇場所:参宮橋トランスミッション
   〇ホームページ:http://www.tokyomt.net/
 
会員の皆様、お誘い合わせの上、ぜひご覧に行ってはいかがでしょうか?
 
(写真)公演後、出演者の方々と(左から2人目が投稿者)

【この投稿のURL】
愛のない暮らしは辛い
投稿者:瀧本喬(昭和36年卒)
2018年6月14日(木)

「みんな、幸(しあわせ)の反対は何か、知ってますか」――6月2日、母校の教室の一室を借りて行われた36会の総会。齋藤邦雄君が、いつになく改まった口調で、こう切り出した時、参集した36年卒業の28人は一瞬、「ハテ?」といった表情でした。「そりゃ、不幸(ふしあわせ)だろう」「それとも不安か?」「金欠もあり得るな」と思いは様々でしたが、齋藤君いわく、「幸の反対は辛いんですよ」
 そして話は「幸の尺度」へとつながります。人によっては、現役時代の「幸」は地位や年収が重要だったかもしれません。齋藤君によると、現役を引いて年齢を重ねるとおのずと「幸の尺度」も変わり、健康、教養と教育、心友信友の有無、愛などが大事になる。「今日、用事があり(教養)、行くところがある(教育)ということは、目標・目的をもって外出するということ。つまり家に閉じこもらない。そうすればやる気も出るし、新しいことに挑戦する
意欲もわいてきます」と齋藤君。
 今の時代、目標、目的もなく外出していると誤解を招く恐れがありますが、「小人、間居して不善を為す」とも言います。やはり外の空気を吸うことは健康をもたらし、旧友との交流で心友信友もできるかもしれません。
 問題は愛です。年齢に関係なく愛のない生活は辛い。ただ、「こちらが愛を思っても、しばしば向こうは迷惑がっていることがあり難しい」(齋藤君)。確かにこれは辛いですが、趣味や散歩など何かに情熱を持つことも愛であり幸につながると、齋藤君は言います。地域の老人会やゴルフ同好会など地域活動に多忙な同君は、手帳が予定でビッシリだとか。「外ではいろいろやっているけど、家庭では何も貢献していない」という苦情もあるようで、家にいるときは、自分でできることは自分でやるように心がけているそうです。
 健康や愛にも関わりますが、以下は36会会長、山田雅康君の体験談です。今年になって、奥様が病気に倒れ入院を余儀なくされた同じ時期、同居している義理の母も足の骨折で入院。3人暮らしのところ俄かに1人暮らしを強いられた由。「男1人で何もできない。しみじみ妻の有難さ、家族の暖かさを感じました。私たちの年齢になると、いつ病気に襲われるかわからない。日頃の健康、愛のある生活の大切さを片時も忘れずに大事にしましょう」と実感と共に話していました。
 一方、こちらは金澤三則君。病気を抱え体調万全とは言えないながら、毎朝、自宅周辺を10キロほど走り、戻ってからはバードゴルフ(ゴルフをミニ化したもの)に励むといいます。「それじゃ、一日、グッタリだろ」との声には「全然、平気だよ」という答えでした。
 これを受けて、金子宣男君が「このところ、知っている人が亡くなったというニュースが多い。我々はせめて米寿まで頑張ろう」と激励の一言。その他、総会では、例によって“いつの間にかイベント部長”の齋藤君の骨折りで、今年の秋にも伊東界隈に繰り出すことを決定。感謝。最後に副会長の重武茂任君が「近ごろは変に気を使う人間がいるせいか、いろいろなことが世の中に起きている気がする。誰に気を使うこともない、この集まりを大事にしましょう」と締めくくり、一同、この後に開かれた海原会総会に出席。さらに十数人が四谷あたりに繰り出したのは恒例のことです。

【この投稿のURL】

リニューアル以前の記事は旧 広場で見られます。

海原会ニュース アーカイブ
「ひろば」は、同窓の皆さんが自由に投稿できる掲示板です。同期・同窓やクラブ・委員会の連絡等に、是非活用してください。リニューアル以前の記事は旧 広場で見られます。
会長挨拶
校歌
会費納入のお願い

海原会の運営はすべてみなさんからの会費収入によってまかなわれています。そのためにも会費未納(永年会員を除く)の方は、ぜひ会報に同封された振り込み用紙により納入してくださるようお願いいたします。
年会費:3,000円(毎年払込)
永年会費:30,000円以上

住所変更について

会報送付のため、住所が変わった方は海原会までご連絡ください。当サイト「海原会へのお問い合わせ・ご連絡」からも、会員の住所変更を受け付けております。本人確認のため、卒業時の担任名を併記してください。

会報「海原」同窓会投稿のお願い

会報「海原」では、同窓会の記事を募集しています。同窓会の投稿(写真)をお待ちしています。