旧 広場

こちらは旧 広場のアーカイブページのため投稿できません。
新しい投稿は「同期会・同窓会ひろば」および「クラブ・委員会ひろば」へお願いします。

淵田 建一様
投稿者 安藤  浩 (S34年卒)
大変丁重なる御返信拝読いたしました。興津君、岩崎君には、そのうちGOLFで会いますので、貴殿の寄稿文、お話しいたします。秋の文化祭(海城祭)は、本年9月17、18日の両日開催が決定いたしました。真摯な研究展示から、ダイナミックな、ロックバンドまで、多数入場の他校女生徒と相俟って、その華やかさには、圧倒されます。昨年開設した海原会サロンを、今年も開くべく、現在、展示の準備に入っています。年次別卒業アルバムや、校章入りT-Shirts、PoloShirts,GolfCapなども用意しておきます。
新大久保の街は、Korean Townとして、大変貌を遂げていますが、Gumの甘き香り漂う通学路は、我々の頃とさほど変わっておりません。
今秋、母校でお会いしましょう。それまで、一層の御活躍を祈念いたします。
                                 草々                                   


安藤浩先輩メール有難うございました
投稿者 淵田建一 (S38年卒)
先日、当方でメール配信後、思いがけなく安藤先輩から心温まる返信を頂き
大変うれしく感動いたしました。有難うございました。
野球部の興津、岩崎両先輩は存じております。興津先輩の弟さんとは同じクラスだったことを記憶しております。私も野球は大好きです。Golfもやりますが、一向に上達せず歯軋りしてるところです。            9月の[海城祭]是非参加させて頂ければと考えております。その節は安藤先輩をお尋ねしたいと思っておりますが宜しいでしょうか。       
こんごともよろしくお願いいたします。こちらにお越しの折は、
ご一報頂ければうれしいです。御身くれぐれもご自愛下さい。
       


訂正(陳謝)
投稿者 安藤  浩 (昭和34年卒)
下記、淵田 建一様への返信中、お名前を誤って記し、大変失礼いたしました。
どうか、ご容赦ください。
また、文中、昭和37年とあるのは、記述ミスです。33年と訂正いたします。
重ねてお詫びいたします。


淵田 健一様
投稿者 安藤  浩 (S34年卒)
貴殿、投稿記事拝読いたしました。68歳の現役バリバリ、頼もしくも羨ましくも、おもいます。清水 岬校長、国語、漢文の河原先生、なつかしい
お名前です。河原先生、小さいねがねの奥に、優しい眼差しを湛え、「奥の細道」、「平家物語」、「方丈記」など、なつかしい授業の模様が、甦ります。
一方で、野球部の監督を長年なされ、あの優しい眼差しから、一変して、激しいノックをあびせていました。
確か昭和37年の都大会予選で、サウスポーの小松投手を擁し、都立東葛飾高に惜敗したとき、その悔しさを露わにしていたことを思い出します。我が学年では、その時、野見山君、興津君、岩崎君が、活躍していました。いまでも、彼らとは、海原34会Golf会として、年2回、同期の徳光会長も交え、楽しんでいます。Golfといえば、今秋、学園創立120年、海原会発足90年を記念して、海原会Golf会を開催するべく準備中です。詳細は、5月連休後発送する
会報に掲載する予定です。
その他、6月4日(土)の総会、9月第3週の土、日、に開催される「海城祭」での「海原会サロン」も、上京の機会あれば、お運びください。 草々。


劣等生が一念奮起で何とか社会に貢献
投稿者 淵田建一 (S38年卒)
私はS33年中学3年の編入でお世話になりました。高校は恥ずかしながら一年生を二回やり4年掛けての卒業となりました。退学も考えましたが当時の清水岬校長先生の挫けるなの励ましのお言葉を頂きそのお言葉が卒業後の私の人生に大きく役立ちました。大学を目指しましたが失敗し陸上自衛隊に志願して二年間勤務し精神面と体力を養い入隊一年後夜間の大学に入学し機械の勉強をして4年間で卒業しS45年大手の建設機械メーカに27歳で就職することが出来ました。セールスエンジニアーとして日本全国のゼネコン、ダム、高速道路等の工事現場を駆け巡り、仕事に携わりながら機械関係の国家資格取得をしそれが役立ち現在厚生労働省認可の教習機関で建設機械、産業機械、クレーン等の運転操作の資格取得の講師&試験管を68歳の現在も福岡で元気に働いています。高校時代は暗いときもありましたが本当に卒業出来て良かったとつくずく思います。
学園関係者弛まぬご尽力により日本有数の優れた素晴らしい学校に発展して
とても誇りに思います。当時学級担任だった川野先生、河原先生には心より
御礼申し上げます。益々の学園のご発展とOB会のご進展を祈念致しております。失礼申し上げました.819-0002 福岡市西区姪浜2-7-1-702 (092)882-1039






リベラルでユニークな卒業式に感動!
投稿者 山本満男 (会報委員S27卒)
大震災、余震。誰しも気持ちが落ち着かない日々だと思う。そんな中、卒業式が無事終わったことは喜ばしい。以下、寸景を紹介する。
◆可哀そう!
開催直後、吹奏楽団がいない。思わず≪可哀そう!≫と呟いた。いつもなら、高らかに演奏が鳴り拍手に迎えられ、又は送られた様子は見られなかった。

◆更に空想を交えて呟いた
在校生は難しいとして、吹奏楽団ОBをかき集めて、たとえ数人でも演奏して呉れたらなあ。感動ものだ。
母校の憎らしいほどの愛情こまやかな演出、卒業生も強い印象を持って送別しただろう。そう思うとОBの一人として慙愧に堪えない。

◆カンニングと男らしさと反骨精神
この空気の中、やはり圧巻なのは徳さんこと徳光会長祝辞である。
トタンに会場が明るくなった。
この日に限ってマイクがハモッて、聞き取れなかった。
徳さんの話しはこうである。生放送番組で瓦礫の中から救われたことに「命の大切さ」を感動的に話した。
徳さんの話しは笑いの渦中に入る。
例のカンニング事件に触れる。「我々の時代はカンニングを堂々とやりました。カンニングペーパーはオブラートです」「それに書いて机の上にペタリと張るんですよ」(これには大爆笑)「みんな変なことには利巧だったんです。考えてみれば、新しい思想知識を盗むことは、今でも知識の財産になっています」(爆笑に次ぐ爆笑)なにかカンニングを奨励してるみたいで愉快だ。
徳さんの祝辞はアッチへ行ったり、コッチへ行ったり。
「男らしさとは」とか、「反骨精神を持て」とか、「遊びの中から人生を学ぶ」「愛は人を喜ばせる」など。こんなに笑わせたことはない。

◆「最初はグー、ジャンケンポイ」
式典の最初は382名の名前を一人一人呼ばれる。生徒は呼ばれると「ハイ」と返事をする。徳さんは良い返事をした生徒をチェックしている。
「次の人は、起立してください」生徒は何も分からず10数人立った。「君たちはハイと良い返事をしました。アナウンサーになれます。今すぐ試験を受けて下さい」「依って賞品を差し上げますが、一つしか無いのでジャンケンしてください」徳さんは壇上から生徒に向かって「最初はグー、ジャンケンポイ!」
何度か続けて選ばれた生徒に、愛用のブランド?シャープペンを贈呈した。
腹式呼吸で元気な「ハイ」という返事は思わぬプレゼントに感激をしていた。

◆生徒との味方・人気の先生
卒業式も無事終わった。突然生徒が壇上に駆け上がった。マイクを取って
「僕たちを育んでいただいた中田先生にお礼と賞品を授与します」
中田先生は感激のあまり、感涙にむせび壇上に上がり、感謝状と賞品を替わるがわるの生徒から貰った。ちょっと出来過ぎた筋書きだが、会場の金八先生?
(あんな風貌ではないが)が居たことは、彼らにとって「海城にこんな先生が居たんだ」を母校を思い出すたびに誇りに思うだろう。
蛇足ながら、私ごとだが「先生と生徒」の関係を50年以上こんにちまでお付き合いしている。

写真説明
上段は 徳光会長の熱弁ぶり
中断は ジャンケンで勝ち、選ばれた生徒
下段は 人気の中田先生トロフィーを抱いて感謝の意を述べる

2011年3/21 山本満男 記






海城高等学校卒業式挙行
投稿者 国井信男 (昭和62年卒)
平成22年度海城高等学校卒業式が3月19日に本校アリーナにおきまして実施されました。

今回の卒業生は382名。震災の影響で一日延期し、内容も簡素化した中での式典ではありましたが、送られる者・送る者、両者の心がこもった、内容の濃い卒業式でした。

海原会からは徳光会長が列席し祝辞を述べました。

卒業式の詳細は、5月に発行予定の海原会会報にてお知らせいたします。




写真上:校長から卒業証書を授与される卒業生
写真中:徳光会長の祝辞
写真下:校門にて今年度海原会賞受賞の園田君と徳光会長


4年ぶりの海城新聞OB会を開催
投稿者 有野 廣  (昭和43年卒)
春一番のポカポカ陽気の平成23年2月25日、約4年ぶりの海城新聞部OB会を新宿ホテルセンチュリーサザンタワーで開催しました。
参加者は昭和25年卒の梅澤さんから昭和43年卒まで、オブザーバー参加で「海原」編集委員の昭和27年卒山本さんを含め12名。
会は幹事の石原さんが用意してくれた、昭和40年3月発行の海城新聞100号記念号の話題で大いに盛り上がった。残念ながら私自身は昭和40年4月の入学なので101号からの関係になるのだが、当時は新聞クラブの中に社会部や写真部があった話など新聞社並みの組織と活動に圧倒された。持ち寄った黄色く変色した新聞を見ながら初期のころとの題字の違い、野村吉三郎さんとの対談話、運動会開催に合わせ朝日新聞社にお願いして社有機からグラウンドへの花束投下とその行動力にびっくり。また、全国コンクールにおいて編集内容がハイレベルということで朝日賞・毎日賞を獲得したこと、長年続いた女子校訪問シリーズ、新宿界隈の映画館への広告取りで顔なじみになり、担当者は顔パスで入館OKなど、思い出話に花が咲きすぎてあっという間の2時間のOB会でした。
30余人に亘る「会員の近況」が冊子として配られたのを見て、次回はもっと多くのメンバーを会に誘おうと約束し散会しました。


平成23年春のバドミントン部合宿 中止のお知らせ
投稿者 光楽 英生 (昭和54年卒)
先にお知らせしました平成23年春のバドミントン部の合宿は、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響で中止となりました。【kaijo_badboys@yahoo.co.jp】


地震の影響
投稿者 国井信男 (昭和62年卒)
3/11の地震では東北を中心に大きな被害が出ています。被災された方々にはお見舞い申し上げます。

地震の影響により、3/12に予定していました武器学校への取材は中止となりました。

地震の翌朝に海城学園を訪れてみると、帰宅できなかった生徒や職員の方々が校内で一夜を過ごされていました。海城の2号館は最新の耐震技術を施されていますから、無理に帰宅するよりは安全だったことでしょう。
07:30現在、生徒の保護者が続々とお迎えに来ている状況ですが、大きな混乱もないように見えます。

海原会連絡室のある資料室は、本棚が倒れコンピュータが下敷きとなっていますが、人的被害はなかったようです。

今後も強い余震が起きる可能性があることをテレビが伝えております。皆様のご無事をお祈り申し上げます。


次へ 最終