クラブ・委員会ひろば

クイズ王を応援
投稿者:国井信男(昭和62年卒)
2011年11月25日(金)

11月23日の夜8時からTBSにてクイズ最強王者決定戦(World Quiz Classic)という番組をやっていました。
日本中のクイズ王が集まって「最強王者」の称号を争う番組でしたが、その番組に文化祭実行委員OBの能勢一幸君が出場するというので、文化祭実行委員会・生徒会のOBや現役の間ではメーリングリストや電話を回したり、フェイスブックでつぶやいたりして応援していました。

能勢君は高校時代からクイズの達人として頭角を現し、海城在学中に文化放送の番組でアメリカ旅行を獲得。その後もアメリカ横断ウルトラクイズでチャンピオン、ミリオネアで1000万円獲得など、クイズ界では王の中の王と呼ばれる活躍をしています。
今回も当然優勝かと思われましたが、京都大学生に第3ステージで敗退。結局その人が優勝しましたから、悔しいながらも納得となりました。

能勢君は放課後の旧本館生徒会室で来る日も来る日もクイズ本を耽読していた努力の人です。今回は力を出し切れませんでしたが、次回は「当たり前」のように優勝してくれるとみんなで信じています。

【この投稿のURL】
生徒会長OB集合
投稿者:国井信男(昭和62年卒)
2011年10月21日(金)

第120代執行部を招いた会のあと、徒歩で新橋へ移動。ここから先はオトナだけの集まりです。
会場となった「ビアライゼ'98」はときおり海城の同窓会も開かれるビアホール。先代の店のときから、社会科の小林先生に連れて行っていただいた人も多いのではないでしょうか。仕事があって現役と会えなかった黒岩君はここからの参加です。

委員会縦つながりは、横つながりの同期会とはまた違った味があります。時代は違っても、やってきたことは同じなので、年が違うのに共感することが多い「不思議ワールド」があるのです。結論、今も昔も海城は変わっていません。
働き盛りが中心であるのでなかなか全員が集合とはいきません。98代遠藤君をはじめ、本日参加できなかった生徒会長OBとは次回こそ会えるようセッティングしようと誓い、散会しました。

まだ繋がっていない方で参加希望の方は「海原会へのお問い合わせ・ご連絡」までご一報ください。ご連絡、お待ちしております!


写真:左より
100代 小市琢磨
106代 齊藤亮輔
096代 高山智司
094代 国井信男
110代 黒岩直輝

【この投稿のURL】
青葉益輝お別れ会案内状
投稿者:山本満男(昭和27年卒)
2011年10月11日(火)

日本グラフィックデザイナー協会より、青葉益輝さん、お別れの会の案内状が届いた。封を開けると新聞紙全版の大きさのポスターが入っていた。
この題名は
are you dumping the earth? 「地球を捨てていませんか?」
きっと彼の最後の作品かもしれない。国際的作家としての面目躍如たる作品だ。よく見るとお皿の上に何やら不定形の塊りが、掃き出される状態にある。しかし見かけた塊りでもある。地球ではないか。日本の地形が無いみたいだ。壮絶な作品だ。

中段の作品は・・・アルテ・トネヤマのアトリエに貼ってあった。両手首を広げて、しかもシルエット風に、黒い手なのか、汚れた手なのか、見る者の想像に任せるのか、ハトは戸惑っている。題名はpeaceと言っていた。

下段の作品は・・・海城の3号館・那須海城に展示された作品です。
この作品では見にくいが、なんとシャツらしい布地を丸ごとベターっと貼ってその上から絵具を塗りたくってある絵だ。彼のメタモルフォーゼは見る人の自由だろう。

彼の冥福を祈りたい
お別れ会は・・・10/16(日) 献花会15:00〜17:00(無料)
                   偲ぶ会18:00〜20:00(会費5000円)

【この投稿のURL】
海城祭・見てある記『どうしても褒めてあげたい』(1)
投稿者:WG  山本満男(昭和27年卒)
2011年10月8日(土)

海原会サロンの合間を縫って3号館の那須海城に行ってみた。
途中2号館から3号館に行く渡り廊下がある。入り口近くで呼び込みをしている生徒達が居た。そこへお母さん方が不審顔で見ていたので、
?あの~、どうしたんですか?と尋ねたら、
 ≪あの子たち、誰なんですか?≫
?あの子たちは那須海城の生徒たちですよ。制服が違うんです。那須の校 舎は震災で被害を受け、ここで授業をしているんですよ。と言ったら、
 ≪あら~、可哀そうに・・・知らなかった?≫
そうなんだなあ、那須海城を知らない人が居るんだ?

それでは中に入ってみよう。 ・・・・と、あるイベントルームに入った。
驚いた。すごいなあ。多分全生徒200人の顔写真だと思う。窓を除いて3壁面にご覧の通り、ビッシリ貼ってある。これはインスタレーション芸術だ。
部屋丸ごと状況設定に置かれている。
 笑っている顔、真剣な顔、ひょうきんな顔、とぼけた顔、などなど、いろいろな表情を持った顔が居る。そしてそこに居合わせた人も、ジョージ・シガールのように静止された無言の彫像と化し、さまざまなメッセージを表現している。きっと「僕たち、頑張っているよ!」とでも言いたげな様相にも感じられる。かと思うと、何か問いかけてくるようにも見える。
 何よりもリアリティがあって彼らの境地が察せられる。どうしてもこの展示に褒めてあげたい。

それに3.11の大震災で、壊滅的な校舎内部の写真がある。気の毒だなあ。第2の故郷と言うべき那須海城生は、悪状況の中から自らを救い出す夢を追っていると思うと、そのことを考えなければ解りにくいだろう。
塩田教頭は「彼らは今、何をすべきか考えています。自然体でやらせています」

写真上段 那須海城の3号館入り口
   中段 ビッシリ貼った顔、顔、顔、
   下段 校舎の被災された写真

【この投稿のURL】
上智大学体育会アメリカン・フットボール部OB・海原会
投稿者:佐藤清吾(H2卒)
2011年10月8日(土)

去る1月18日(金)、四谷の居酒屋「桑」にて宮川説夫さん(昭和54年卒)のお声かけにより、上智大学体育会アメリカン・フットボール部ゴールデン・イーグルスOBのうち、海城高校出身者による同窓会が開催されました。当日は3名の現役大学生に加え、20代から50代のOB13名が集結し、海城高校アメリカン・フットボール部ドルフィンズの現状、合同練習やルール・技術指導等による現役高校生との交流の可能性について熱い議論が交わされました。
世間的には余り知られていませんが、上智大学アメリカン・フットボール部はかつて関東大学1部リーグ所属チームとして大学アメリカン・フットボール界における強豪の一角を占め、ドルフィンズOBを始めとする多くの海城高校出身者が歴代、チームの中心選手として活躍してきました。
昨年、ゴールデン・イーグルスは2部復帰を果たし、念願の1部復帰を目指してチーム一丸となって日々の練習に取り組んでおられますが、我々OBも定期的に参集し、ドルフィンズ及びゴールデン・イーグルス双方の架け橋となり両チームが更に発展出来るよう、微力ながら現役部員のお手伝いが出来たらいいな、と思っております。

【この投稿のURL】

リニューアル以前の記事は旧 広場で見られます。

海原会ニュース アーカイブ
「ひろば」は、同窓の皆さんが自由に投稿できる掲示板です。同期・同窓やクラブ・委員会の連絡等に、是非活用してください。リニューアル以前の記事は旧 広場で見られます。
会長挨拶
校歌
会費納入のお願い

海原会の運営はすべてみなさんからの会費収入によってまかなわれています。そのためにも会費未納(永年会員を除く)の方は、ぜひ会報に同封された振り込み用紙により納入してくださるようお願いいたします。
年会費:3,000円(毎年払込)
永年会費:30,000円以上

住所変更について

会報送付のため、住所が変わった方は海原会までご連絡ください。当サイト「海原会へのお問い合わせ・ご連絡」からも、会員の住所変更を受け付けております。本人確認のため、卒業時の担任名を併記してください。

会報「海原」同窓会投稿のお願い

会報「海原」では、同窓会の記事を募集しています。同窓会の投稿(写真)をお待ちしています。