業種別海原会ひろば

【バンコク】お邪魔します、海外支部!
投稿者:国井信男(昭和62年卒)
2014年8月17日(日)

先日、旅行ライターをしている妹「国井律子」と甥と私の3人で東南アジアを回る機会があり、その際に海原会の海外支部にお邪魔してきました。

凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹

「タイでクーデターが起きたってよ!」
プノンペンのテレビに釘付け!乳飲み子を抱え、どうしようかと思ったが、何とかなるさとタイへ入国。
私、国井は30年ちょい前に海城中学へ入学した。担任の先生はどんな方であろうかと入学式でドキドキしていたのであるが、式典の冒頭「3組担任の小林先生はタイのクーデターに巻き込まれ欠席です」で会えず。その後は謎の伝染病で隔離病棟に入院され、初めてお会いしたのは連休直前であったとの経験を持つ。小林先生は2年前に急逝されたが、自分の海城ライフの6年間を担任していただいた師の経験をたどるのも悪くない。

「王国舐めるな、タイのクーデターは国をひっくり返したりしない。プロレスだ!」
生前、小林先生は飲むたびにそんなことをおっしゃっていた。言葉通り、タイの情勢は日本で報道されるほどのことではなく、クーデター時のマナー(?)を守れば全く問題がなかった。ターミナル駅では国軍兵士が盾を持ってずらっと並んでいたが、士官がきっちり掌握していて、観光客は兵士との2ショットと普通に撮影していた。百聞は一見にしかず。ウソとまでは言わないが、テレビや雑誌では分からないことは山ほどある。

海原会バンコク支部にはたくさんの会員がいる。というかバンコクにはそもそもたくさんの日本人がいて日本人村みたいなモノがある。海城学園の教頭先生がバンコクに広報で訪れたとなれば、会いには行かずともバンコク支部メンバーは全部把握している。一昔前の下町みたいな身近で強固なコミュニティだ。
とはいえ、なにせクーデター。どうなるかと思ったが、都合のつく小原さん(平6卒)、宮本さん(平成7卒)、木村さん(平7卒)と夕食をともにさせていただいた。当初はバンコクの中心街でお会いする予定だったのだが、今回の旅行前ぐらいから徐々にきな臭くなってきて、宮本さんの指示で宿を郊外に設定。入国直前には夜間外出禁止令まで発令されたので集合場所を私たちの宿の近くのレストランに再設定。そんな怪しげな状態でパック旅行だったらホテルに缶詰だったのだろうが、現地居住者の情報はすごい。無事に極上のタイ料理とともに戒厳令ライフを堪能した。

小原さんは帰国生として編入、木村さんはそもそも生誕地がアフリカと、異国の地を満喫する方はモノが違うと思いつつ、宮本さんが熱烈な巨人ファンだったりしてこんがらがるような人生交差点で乾杯を重ねる。異国の地で盛り上がる話題は海城の先生の話。どんな卒年でも「名物先生」は一緒で、遠く離れた新大久保に共通の話題があり、それぞれに武勇伝があるのがおもしろい。当然勉強はできるけど、ガリ勉優等生は海城にはいなかったのだなぁ。
話は尽きないが夜間外出禁止令に合わせて解散。万が一のことを考え、小原さんが運転手つきのクルマを準備してくださりホテルまで送ってくださった。
その後、11時ごろに戒厳令下の大通りを1キロほどこっそり散歩してみたけれど、出会ったのは人間2人とネズミ2匹、そしてゴキブリ5匹だけだった。

今回の旅行では3カ国3支部の方々とお会いした。卒年は違えども、共通するのはたくましさと発信力。我々は新大久保で勉強も学んだのだが、それ以前に生きる力を学んだのだろうなと納得して帰国の途についた。
今回は東南アジアだったが、いつか欧米の支部にもお邪魔してみたい。

バンコク支部の皆さん、ありがとうございました!

【この投稿のURL】
【プノンペン】お邪魔します、海外支部!
投稿者:国井信男(昭和62年卒卒)
2014年8月16日(土)

先日、旅行ライターをしている妹「国井律子」と甥と私の3人で東南アジアを回る機会があり、その際に海原会の海外支部にお邪魔してきました。

凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹

お世話になったホーチミン支部の梶さんとお別れし、カンボジアのプノンペンへ。飛行機でたったの45分!
空港の搭乗ゲートで待っててくれたのはプノンペン支部の小市さん(平5卒)。私にとっては生徒会の後輩だ。あれ、搭乗ゲートってお迎えの人は入れるの?と聞く間もなく、「こちらへどうぞ」で気づけば国賓ターミナル。パスポートコントロールも荷物チェックもしないまま、あれよあれよとプノンペン市内へ。
「国賓ターミナルって、日本人ならどんな人が使うの?」
「秋篠宮殿下がいらしたときは使いましたね」
「!」
「でも、話の種になるから日本のビジネスマンも利用することはありますよ」
うむむ、来訪初っぱなからすごい体験をした。

プノンペンはそれほど大きな都市ではないのだが、インフラの整備がこれからで、渋滞は激しい。まだまだ東南アジアの田舎で、みんなのんびりと暮らしている。
プノンペンはアンコールワットのような観光地がほとんど無いのだが、ポルポト時代の遺構がいくつかあって、政治犯を収容したトゥールスレン収容所跡を見学した。驚いたのは住宅街の真ん中にあったこと。刑務所ではなく学校を利用したためだという。こんなところで拷問が行われていたとは信じられない。
カンボジアというと内戦やポルポト政権下の事件のイメージだが、すでに国民の過半数は事件後に生まれた世代だ。国民の心には秘めたモノこそあろうが、あれから20年を経て、表向きに苦難の歴史は見えてこず、これから発展しようとする勢いばかり感じる。ちょうど日本の高度経済成長期に近いだろう。
海原会プノンペン支部のメンバーはこの国と一緒に伸びていくチャンスを得て、生き生きとしていた。
小市さんは現地でロコモ社を立ち上げ、メディア・コンサル・旅行・貿易など幅広い事業展開をしている。城のような自宅では小市さんの五男と甥がご対面。同級生の1才同士。訪問当時は冷凍物流の立ち上げ真っ最中で、工業用の冷凍庫がうなりを上げている中、甥と妹はバイクを借りて小市邸とその付近を走り回っていた。
プノンペン支部長の岡崎さん(平3卒)はイオン現地法人GMとして、カンボジア最大の複合施設のオープン直前だった。その後の開店の際には、日本から岸田外務大臣、現地からフンセン首相以下閣僚が列席したというのだから、ただのスーパーの開店セールとはワケが違う。
古田さん(戸山小卒)は存在感を増している在カンボジア日本人向けの雑誌「プノン」の発行に携わっていて、日本人コミュニティの活性化に尽力していた。

皆さん多忙を極める中、私たちの訪問に合わせ日本料理店でプノンペン支部会を開催していただいた。カンボジアにうまいモノなしと脅されていたのだが、この店のだし巻きやうどんはきちんと日本の味。現地人が経営しているのだが、客の日本人があれこれアドバイスをして店を育てているのだという。私も日本の寿司店でブームになりつつある山ワサビを持参し、秘伝の味を披露してきた。山ワサビなら熱帯でも生育できるはず。苗を分けてきたので小市さんの農場で根付くことを祈る。

カンボジアは他の東南アジア諸国と比べて日本人の数はまだまだ多くない。しかし、海城OBはがっちりと基盤を築いて頑張っているので、出張・転勤の際は是非お声かけいただきたい。寂しい思いはさせません!とのこと。

カンボジア支部の皆さん、ありがとうございました!

【この投稿のURL】
【海原メディア会】定例会開催!
投稿者:広報委員会(昭和62年卒)
2014年8月16日(土)

海原メディア会の定例会が開催されたとの報告を会員の松長さん(昭和62卒)からいただきました。
開催場所は会員の仕事場ということですが、すごいことになっています!

凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹

2014年8月13日17時より海原メディア会の定例会
日刊競馬新聞の田所さんの好意により、職場見学会を兼ねて、大井競馬場プラネットルームで開催、12名が出席
第5Rから徳光さんが馬券を買い求めるためしばしば中座。
第9Rまでに、早々に議題をこなして、馬券の買い求め方基礎講座、及び的中予想講座を実施。
メインレースの第10R(黒潮盃)は、田所さんの予想(1番/5番/9番)通り、1着スマイルピース、2着ドバイエキスプレスとなり、手堅くも予想通りの結果。
次回は、中山競馬場で、府中競馬場で、など盛り上がる中での解散。

凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹

議事の方はきちんと進んだのでしょうか(笑)。エンターティナーの巣窟となっている海原メディア会。実はもっとも海城らしい団体との噂です。

画像上:公式集合写真とそのあとの議事(予想講座かもしれません)
画像中:徳光さんと田所さん
画像下:プラネットルーム(記者席)からの眺め

【この投稿のURL】
【ホーチミン】お邪魔します、海外支部!
投稿者:国井信男(昭和62年卒)
2014年8月16日(土)

先日、旅行ライターをしている妹「国井律子」と甥と私の3人で東南アジアを回る機会があり、その際に海原会の海外支部にお邪魔してきました。

凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹凸凹

5月のホーチミンはモヤモヤとわき上がるような真夏の暑さ。南沙諸島に端を発した対中国デモがあった時期で治安が心配されたものの、危険といわれる場所に近づかなければ全く問題がなかった。
通りにはバイクがひっきりなしに往来するため、歩きの観光は多少のコツが必要だが、10分で慣れるレベル。街の人たちはどこか昭和の日本を思い出すような親しみやすさもあり、居心地の良さを感じる。少し歩くだけで素晴らしいプロポーションのお姉さんたちが「キャーかわいい」と甥を取り囲むので、同じ男性として多少の嫉妬。お前さんのモテ期は今がピークじゃないと良いのう…。

ホーチミン支部の梶さん(昭37卒)はプロゴルファー。お会いする直前に人生5回目のホールインワンを決められたそうだ。さすが!また、旅行会社代表という顔も持っていて、在越日本人向けフリーペーパーやベトナム航空の機内誌にベトナムゴルフ事情の連載をされている。梶さんを通じてベトナムのラウンドを楽しんだ海原会員も多い。
今回は週末に訪れたため、ラウンドレッスンで多忙を極める梶さんとのラウンドはかなわなかったが、ご夫妻と2回も夕食をご一緒させていただいた。

初日はホーチミンの銀座といった中心街でのベトナム料理。名物の湯引きエビや大振りなカニは濃厚なうま味で333(バーバーバー)ビールが進む。つけだれは酸味と香りが華やかでいて素材の味を邪魔せず日本人の舌に合う。パクチーが大好物の私には堪えられない。
2日目は高級住宅街の真ん中の一軒家レストランでフランス料理。往来するのはバイクではない。ベンツ、レンジローバー、レクサス、ポルシェ…。観光ガイドには決して出てこないが、それもベトナムの一面だ。
きっちり管理されたワインはデキャンタージュで花が開く。美しい盛りつけの料理はもちろん、米粉入りのパンがもっちり美味しい。旧宗主国の文化をきちんと継承し、独自に発展させている。
美味しい料理に舌鼓を打ちつつ、梶さんと奥様からベトナムに住み心地や発展を続けるゴルフ事情の話など興味深いお話を伺った。
そうそう、いただいたフリーペーパーを拝見していたら、現地同窓会に海原会ハノイ支部の存在を発見した。ベトナムの現地同窓会が複数あるのは大学では早稲田・立教・立命館、高校では海城だけだった。

経済的な発展を続け、リゾートとしても存在感を増しているベトナム。次回こそは梶さんとラウンドをさせていただきたい。おっと、その前に、10月の海原会ゴルフ会には梶さんも参加されるとのこと。是非、スーパーショットを拝見したいものだ。
梶さん、ありがとうございました!!

梶さんの旅行会社
HERO GOLF ASIA
http://www.herogolf.asia

【この投稿のURL】
【海志会】第1回勉強会及び懇親会開催!
投稿者:齊藤 亮輔(平成11年卒)
2014年8月8日(金)

 去る7月31日(木)、現職の政治家や公務員等から構成される海志会の第1回勉強会及び懇親会が開催されました。
 まず勉強会は、18時45分から衆議院第二議員会館の会議室において開催されました。当日は忙しい合間を縫って、7人の会員が勉強会に参加しました。内容ですが、「政治を科学する」のタイトルで宮沢会長が講演しました。宮沢会長はもともと脳外科医であることから、その経験を踏まえた講演内容となっており、大変興味深いものでありました(写真上参照)。
 勉強会の後には、赤坂駅周辺のお店にて懇親会を開催しました。懇親会には8名の会員が参加しました。懇親会では、お互いの仕事の話や身の上に関する話をするなど、話題は多岐にわたりました。普通は知ることのできない内容も含まれていて、面白いと感じました(写真下参照)。
 
 海志会では、随時会員を募集しております。本会への入会をご希望の方は、海原会ホームページの「海原会へのお問い合わせ・ご連絡」からご連絡ください。なお、ご連絡の際は、必ず勤務先をご明記ください。
 
~海志会について~(会則より抜粋)
 【会の目的】
  (1)会員相互の親睦・交流・情報交換
  (2)現役海城生への会員の職業に関する情報提供
  (3)海原会、学園の興隆への寄与
 
 【会の事業】
  (1)新年会
  (2)その他会の目的に沿う事業
 
 【会員資格】
  下記のいずれかに該当するもの。
  (1)現職の国会議員
  (2)現職の国会議員秘書(公設であると私設であるとを問わない)
  (3)現職の国家公務員(勤務地、業種を問わない)
  (4)現職の地方自治体の首長及び地方議会議員
  (5)現職の地方自治体の首長又は地方議会議員の秘書
     (公設であると私設であると問わない)
  (6)現職の地方公務員(勤務地、業種を問わない)
  (7)現職の政党職員
  (8)上記(1)~(7)に該当しないが、役員会が入会を認めた者
  ※上記は、入会時のものである。
   入会後、(1)ないし(7)のいずれにも該当しなくなったとしても、
   自動的に退会扱いにはならない。

【この投稿のURL】
海原会ニュース アーカイブ
「ひろば」は、同窓の皆さんが自由に投稿できる掲示板です。同期・同窓やクラブ・委員会の連絡等に、是非活用してください。リニューアル以前の記事は旧 広場で見られます。
会長挨拶
校歌
会費納入のお願い

海原会の運営はすべてみなさんからの会費収入によってまかなわれています。そのためにも会費未納(永年会員を除く)の方は、ぜひ会報に同封された振り込み用紙により納入してくださるようお願いいたします。
年会費:3,000円(毎年払込)
永年会費:30,000円以上

住所変更について

会報送付のため、住所が変わった方は海原会までご連絡ください。当サイト「海原会へのお問い合わせ・ご連絡」からも、会員の住所変更を受け付けております。本人確認のため、卒業時の担任名を併記してください。

会報「海原」同窓会投稿のお願い

会報「海原」では、同窓会の記事を募集しています。同窓会の投稿(写真)をお待ちしています。