業種別海原会ひろば

【上海】都市封鎖(ロックダウン)の体験
投稿者:谷口和夫(昭和62年卒)
2022年6月9日(木)

この度、日本では到底考えられない都市封鎖(ロックダウン)を上海で体験いたしました。

一番に感じたことは、〝これまでの人生、自分が如何に不自由なく生きて来たか〟ということ。特に食料の大切さについて改めて考えさせられた2ヶ月間でした。
どんなにお金があっても手に入らない物ってあるんだなぁ~って。

大体1週間置きに届く政府からの配給品は正にクリスマスプレゼント!いやそれ以上!待ちに待って届いた段ボール箱を開ける時のドキドキ感は最高でした!一方で頭付きの鶏がまるまる一羽入っていた時のあの何とも言えない気持ち・・・。そうだ、ここは中国だったと実感する瞬間でもありました。
この長きにわたるサバイバルゲームを通じてかなり多くの人が料理上手になったはずです。言わずもがな私もその一人です。

また、この期間、中国人の助け合いの精神を幾度となく目にすることがありました。見ず知らずの他人に身を削って物資を分け与えたり、困ったお年寄りがいれば我先にと手を差し伸べたり・・・。決して見返りを求めることのない彼らのごく自然なその姿に至極感動したものです。

今振り返るとこれまで何気なく過ごしてきた平凡な日常や周囲への思いやりの大切さを身をもって感じることができた、長いようで短い2ヶ月間でした。
この貴重な経験を活かして海城の名に恥じない立派な国際人になろうと気持ちを新たに頑張ろうと思います。

【この投稿のURL】
【上海】ロックダウン解除
投稿者:広報委員会(昭和62年卒)
2022年6月4日(土)

上海海原会の会員から情報をいただきました。

ロックダウンが解除された上海では、日常を取り戻しつつあるとのこと。
上海海原会のメンバーはみんな元気で、7月には、久しぶりの集まりが催されるとのことでした。

【この投稿のURL】
【メディア】アクアマリンふくしまの公認イメージソングに
投稿者:会報委員会(昭和62年卒)
2021年11月18日(木)

金魚研究家でミュージシャンの川田洋之助さん(S46)がメンバーの金魚スピリト組の楽曲「ぷかぷか水槽楽団」が福島県小名浜市にあるアクアマリンふくしまの公認イメージソングに決定しました。
アクアマリンふくしまというと、東日本大震災のときには大きな被害を受けたものの、今ではすっかり元気を取り戻し、たくさんの水生生物を見たり、触れたりすることができます。

川田さんは震災の影響で閉校せざるを得なかった海城の兄弟校の那須海城のことに思いをはせ、風評被害の払拭や震災の復興のさらなる加速を願いつつ、曲を作ったと言います。

金魚スピリト組の楽曲はYoutubeで視聴できます。
皆さま、是非ご視聴ください。

金魚スピリト組 - ぷかぷか水槽楽団
作詞 / 作曲:金魚スピリト組
https://youtu.be/MGWjuxc05rk

アクアマリンふくしま
https://www.aquamarine.or.jp/

【この投稿のURL】
【士業】模擬裁判開催
投稿者:会報委員会(昭和62年卒)
2021年10月30日(土)

第130回海城祭はオンラインと内部開催の二本立てで行われました。
内部開催は海城生とその家族だけの入場でしたが盛況で、13:00から新理科館の階段教室で行われた模擬裁判は、開廷前には立ち見まで出る満席に。

今回の模擬裁判は東京第二弁護士会の協力により行われたもので、所用で当日には参加できませんでしたが、中山恭章さん(昭61)の尽力がありました。

観客の多くは無罪を予想していたものの、裁判官役の海城生が出した判決は有罪。ドラマになりそうな、辛口で意外性のある模擬裁判となりました。

【この投稿のURL】
【メディア】川田さんのライブ
投稿者:会報委員会(昭和62年卒)
2021年2月13日(土)

新型コロナ感染拡大による緊急事態宣言により、ショービジネスは難しい展開を迫られている。
ショービジネスに携わる人たちは、手洗い・マスクなどの対策を万全にし、三密を避け、時間を20時までに限定するなどし、表現の場をどうにか守り続けている。
 
メディア会に所属する川田洋之助さん(S46)が所属する金魚スピリト組が2月12日にライブを六本木CLAPで行った。
途中に換気の休憩時間あり、20:00までには完全解散という徹底ぶり。前回はいたテレビ局やレコード会社などの業界の人たちは会社の自粛方針のため来場が無く、聴きたい人が来るアットホームなライブだった。
 
今回のライブは、金魚を擬人化したというコミックとのコラボが企画されていた。サイン会なども予定していたそうだが、それも、新型コロナの影響で中止となったというから、なんともやりきれない。
 
それでも、金魚スピリト組には次の舞台が準備されている。来週にはニッポン放送の「中山秀征の有楽町で逢いまSHOW」で、無観客での収録があるという。金魚スピリト組のメンバーからは、感染には十分気を付けつつも、新型コロナには負けていられないという気概が感じられた。

【この投稿のURL】
海原会ニュース アーカイブ
「ひろば」は、同窓の皆さんが自由に投稿できる掲示板です。同期・同窓やクラブ・委員会の連絡等に、是非活用してください。リニューアル以前の記事は旧 広場で見られます。
会長挨拶
校歌
会費納入のお願い

海原会の運営はすべてみなさんからの会費収入によってまかなわれています。そのためにも会費未納(永年会員を除く)の方は、ぜひ会報に同封された振り込み用紙により納入してくださるようお願いいたします。
年会費:3,000円(毎年払込)
永年会費:30,000円以上

住所変更について

会報送付のため、住所が変わった方は海原会までご連絡ください。当サイト「海原会へのお問い合わせ・ご連絡」からも、会員の住所変更を受け付けております。本人確認のため、卒業時の担任名を併記してください。

会報「海原」同窓会投稿のお願い

会報「海原」では、同窓会の記事を募集しています。同窓会の投稿(写真)をお待ちしています。