同期会・同窓会ひろば

【平成11年卒】『応仁の乱』の著者、大河ドラマの時代考証の担当に!
投稿者:齊藤 亮輔(平成11年卒)
2020年11月24日(火)

私の友人である呉座勇一君(平成11年卒)が、このたび大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の時代考証を担当することになりました。
これは、去る11月21日(土)、NHKの番組公式ツイッターで発表されたものです。

現在、国際日本文化研究センター助教である呉座君は、2016年に『応仁の乱-戦国時代を生んだ大乱』(中公新書、900円+税)を世に送り出しましたが、同書は48万部突破の大ベストセラーとなりました。また、今年に入ってからも、『日本中世への招待』(朝日新書、850円+税)を著すほか、講談社刊行の学習まんが『日本の歴史』(全20巻)でも監修を担当(第6~9巻)するなど、大活躍を見せております。

今回呉座君が時代考証を担当する「鎌倉殿の13人」は、鎌倉幕府の第二代執権である北条義時が主人公です。源頼朝にすべてを学び、武士の世を盤石にした男。野心とは無縁だった若者は、いかにして武士の頂点に上り詰めたのか――新都・鎌倉を舞台に繰り広げられるパワーゲームを描くドラマです。脚本は三谷幸喜さんが担当、主人公の北条義時は、小栗旬さんが演じます。

NHKの発表を受け、呉座君は「時代考証は、三谷さんの台本を読んで事実関係とか言葉遣いの間違いを指摘したり、『この時代の慣習ではあり得ない』などと意見を述べたりする仕事。とはいえ、脚本家と時代考証は対立関係ではない。面白いドラマを作るという目標は同じだから、『こうしたら良いのでは』という建設的な提案もしていく。あくまで裏方だが、よりリアルな歴史ドラマになるよう尽力したい」と、さっそく意気込みを述べております。
なお、今回の時代考証は、呉座君の外、坂井孝一氏(1958年生まれ。創価大学文学部教授)及び木下竜馬氏(1987年生まれ。東京大学史料編纂所助教)も担当されるとのことです。

「鎌倉殿の13人」は、2022年1月放送開始(予定)です。今から放送が楽しみですね。

<< 一覧に戻る

リニューアル以前の記事は旧 広場で見られます。

海原会ニュース アーカイブ
「ひろば」は、同窓の皆さんが自由に投稿できる掲示板です。同期・同窓やクラブ・委員会の連絡等に、是非活用してください。リニューアル以前の記事は旧 広場で見られます。
会長挨拶
校歌
会費納入のお願い

海原会の運営はすべてみなさんからの会費収入によってまかなわれています。そのためにも会費未納(永年会員を除く)の方は、ぜひ会報に同封された振り込み用紙により納入してくださるようお願いいたします。
年会費:3,000円(毎年払込)
永年会費:30,000円以上

住所変更について

会報送付のため、住所が変わった方は海原会までご連絡ください。当サイト「海原会へのお問い合わせ・ご連絡」からも、会員の住所変更を受け付けております。本人確認のため、卒業時の担任名を併記してください。

会報「海原」同窓会投稿のお願い

会報「海原」では、同窓会の記事を募集しています。同窓会の投稿(写真)をお待ちしています。